マトファーパウンド型で♪生姜とレモンのミルクパウンドケーキ❁レシピ付き

スポンサーリンク

【 生姜とレモンのミルクパウンド 】

生姜とレモンのミルクパウンドケーキを焼いたよ~!

11月にお友達からマトファーのパウンド型をプレゼントして貰って、パウンド焼きたい~~焼かねば~~~いつ焼けるんだ~~~と思いつつ全然焼けてなかったんです。

ようやく焼けたわ~~~~ヾ(´∀`*)ノ✨

今日はおNEWのマトファーパウンド16cmと、パウンドにぴったりな薄力粉「ドルチェ」を仕入れて焼きました。

折角のマトファーだから、珍しく薄力粉もちゃんとしたものを買いましたよ。

いつもはスーパーの特売のやつ。゚(ノ∀`*)゚。

レモン果汁とスキムミルクを加えたミルク感たっぷりのレモン生地に、

生姜の甘煮を入れて、ざっと混ぜ合わせたら生地の完成♪

生姜は茹でこぼしてるので、エグみも辛さもなくて良い香りだけが生地に混ざるよ~(*´∀`*)ノ

焼きあがったら、コアントロー入りのシロップを全面に打って2~3日寝かせます。

シロップのお陰でしっとり艶々~✨

カットする直前にレモンアイシングをかけて、グリーンピスタチオをパラパラっとすれば完成♪

アイシングが邪魔で切りづかったので、カット作業はいつも通りシナモン嫌いさんにパスしました…🔪

白線のところ。私が切った所です。

シナモン嫌いさんに「切ってみる?」と言われて、唯一、私が切った所です。(二回目)

綺麗に斜め横断したので、

もうこれからは全部シナモン嫌いさんにカットを任せる…。とヒッソリと心に誓った。😂

気を取り直して…

見て!マトファーの美しいフォルム!↑

シュッとしてて背が高~~~~~い♡

憧れのシュッ!スタイリッシュすぎるわ~~~~!!!💕

ちなみに、いつもの500円のパウンド型だとこんな風な断面です↓

いつもの500円パウンド型↑
これはこれで平たくて可愛いけどね(笑)

カットを失敗したところをつまみ食い~。

生姜とレモンの香りってなんでこんなに美味しいんだろうか…!♡

生姜のお菓子って敬遠されがちだけど、このパウンドは5歳と7歳の姪っ子たちもペロっと食べるくらい生姜が良い感じに馴染んでます👍

レモンアイシングのかかった所が特に美味しいので、アイシングはたっぷりがオススメです✨

レシピはこちら♪→【 生姜とレモンのミルクパウンドケーキ❁レシピ 】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「マトファーで焼いたパウンドケーキ!メッチャ格好いいでしょ~~~♡」

と、シナモン嫌いさんに踊りながらパウンドを見せた所。

「うん…。(前とは)形が違うね…。」と、

(何が格好いいんだ…?) の心の声を隠しきれぬ顔で返事されたー!😂

・・・この愛らしさが分からぬとは、まだまだよのぉ┐(  ̄ー ̄)┌(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆こちらの材料&道具を使いました♪↓


cotta 薄力粉 ドルチェ 2.5kg


マトファー パウンド L160

☆レシピはコチラにまとめてあります→【 レシピページ❁ 】

☆お取り寄せBlogも買いてます♪→【 ムリョク発電 】

☆愛用の道具&ラッピング資材。詳しくはClick♪

本日もランキングに参加しておりますヾ(*´ω`*)ノ

クリックで応援お願い致します♪↓↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

いつも応援ありがとうございます*✲*

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. まみ より:

    初めまして。
    バウンドケーキを作るとき、何回も作ってもどうしても分離してしまい、苦手な分野になってしまいました。分離しないようにどうしたらうまく出来るようになるでしょうか?

    • たいら より:

      まみさんへ♪

      まみさんこんばんは!初めまして(*´∀`*)ノ
      パウンドケーキを分離させないようにするには、幾つかポイントが有るのですが…

      ①卵を適温にするのが大事になってくるかと思います。
      冬ならぬるま湯で湯煎して卵が固まらない程度に温め、夏なら卵を冷蔵庫で冷やしたものを使うと良いです。

      ②卵を一気に加えると分離するので、必ず4回ほどに分けて少しずつ混ぜ合わせると良いです。

      ③もし分離してしまった場合は、材料内の小麦粉を大さじ1ほどバターに加えると水分を吸収してくれてそれ以上分離するのを防いでくれます。

      くわしくは此方のページにも記載しているので良かったらご覧ください♪↓
      http://komugiko-daisuki.com/?p=12143

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »