レモン型で作る♪どんぐりケーキ❁レシピ【チョコレートケーキ】

img_7258a

この秋、流行りのレモン型で作る「どんぐりケーキ」♪(2016年)
わたし好みの「濃厚チョコバター生地」で作ってみました。

しっとりほわほわのチョコレート生地に
「チョコレート+クランブル」の帽子をあしらって…👒✨

どんぐりケーキ❁レシピ

◆材料(レモンケーキ型5個分)

無塩バター       60g
三温糖(orグラニュー糖) 45g
全卵          60g
○薄力粉        45g
○アーモンドプードル  10g
○ココアパウダー(無糖) 8g
○ベーキングパウダー  1g
チョコレート      30g

(シロップ)※下記point参照
砂糖          7g
水           13g
ラム酒         17g

(クランブル)
無塩発酵バター     15g
△薄力粉        15g
△アーモンドプードル  15g
△グラニュー糖     13g
△塩          ひとつまみ

(トッピング)
チョコレート      50g

※クランブルが無い場合は、ポピーシード・炒りごま・ホワイトクランチなどでもOK!お家に有るものをトッピングしてみて下さい♪

◆下準備

・バターと全卵を室温に戻しておく。※バターを常温に戻す方法は→こちら♪

・○を合わせて振るっておく。

・チョコレートを湯煎にかけて溶かし、保温しておく。

・シロップの材料を合わせて火にかけて砂糖を溶かし、冷ましておく。

・型に離型油をたっぷり吹いて、綺麗に拭き取っておく。(バターでもOK)

・オーブンを170度に予熱する。

◆作り方

☆チョコレート生地作り

① 室温に戻したバターと三温糖をボウルに入れて、ヘラですり混ぜる。

② ハンドミキサーの高速で3~4分ほど泡立て、フワッとしたクリーム状にする。

③ 全卵を3回に分けて加え、その都度1分半ほど泡立てる。

④ ○の粉類を振るいながら入れ、ヘラで粉気が見えなくなるまで混ぜ合わせる。

⑤ 溶かしたチョコレートを滑らかに混ぜ合わせ、④のボウルへ流し入れる。ヘラで底から大きく、艶が出るまで混ぜ合わせる。

⑥ レモン型に生地を流し入れ、170℃のオーブンで15分ほど焼く。(竹串を挿して何も付いてこなければ焼き上がり)

⑦  焼けたらすぐに型から外し、粗熱が取れたらシロップをたっぷり打つ。完全に冷めたら1つずつラップをして冷蔵庫で一晩~3日ほど寝かせる。

☆クランブルの作り方

⑧ クランブルの材料を全てボウルに入れる。カードを使ってバターを細かく刻んでいく。

⑨ ポロポロのそぼろ状になったら指先でギュッとつまみ、お好みの大きさの塊を作る。

⑩ オーブンシートの上に広げて、170℃のオーブンで10~15分ほど焼く。

⑪ 焼けたら冷ましておく。

☆トッピング

⑫ トッピング用のチョコレートを湯銭にかけて溶かし、生地の1/3にチョコレートをかける。※下記の写真参照

⑬ チョコの上に、クランブル(お好みでポピーシード・炒りごま・ホワイトクランチなど)を振りかける。チョコが固まれば完成♪

pixlr img_7223a
img_7244c img_7403b
クリックで拡大します♪↑

◆point

・お子さんが食べる場合はお酒無しのシロップがおススメ。【水30g・砂糖15g】を火にかけて砂糖を溶かし、冷ましてからケーキに打つ。

・おへそが飛び出て生地が安定しないときは、おへその部分を包丁でカットして下さい。(気にならなければそのままでもOK)

・生地を冷蔵庫で2~3日寝かせると、チョコレートとラム酒が馴染んで美味しいです。(トッピングは食べる直前でOK)

・常温に戻してから食べるとフンワリ食感になります♪

・バター生地ををふんわりと焼くコツ→【 パウンドケーキを上手に作るコツ!膨らまない原因と分離しない方法❁ 】

☆使った材料&道具

レモンケーキ型
北海道よつ葉バター 食塩不使用
北海道産薄力粉 シュクレ
生アーモンドパウダー
ココアパウダー
ベーキングパウダー
大東カカオ クーベルチョコレート
マイヤーズラムオリジナルダーク 40%
発酵バター 無塩
細目グラニュー糖

☆関連記事→【どんぐりケーキ】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »