栗の渋皮煮を作ろう!❁参考レシピあり

スポンサーリンク

【 栗の渋皮煮 】

「職場で栗を貰ったんだけど、いる?

と母から連絡がありまして、いそいそと実家へと貰いに行ってきました🚙

立派な栗がどっさり…!

『毎朝、日の出前からサルと競争しながら収穫した栗』だそうです(笑)

ありがたや~~!

私、渋皮煮作りどころか、生の栗を剥くのも初めてで…

(いつもは母が調理してくれたものを食べるだけ)

母とシナモン嫌いさんの3人でひたすら鬼皮剝き作業~~~~!

3人で1時間半ほど格闘して、鬼皮を剥いた状態で重さ1.5kg!

300g程は栗ご飯用に取っておいて、あとは全部渋皮煮にするよ。

こちらのレシピを参考に作ります♪→【 栗の渋皮煮のレシピ 】

ここからは自宅に持って帰ってきて作業しました。

重曹を入れてあく抜きをすると「醤油かな?」ってくらい煮汁が真っ黒!(写真左下)

名前の通り「渋皮」って凄く渋いんだね。初めて知ったわ😂

気をつけて扱ってたつもりだけど
いくつかこんな感じ↑に亀裂が入ってました😂

栗、メチャメチャ繊細だわ。

栗に対して60%量のきび糖を少しずつ加えて炊いていきます。

亀裂が入ったものは茶袋に1粒ずつ入れて過保護に扱う。(笑)

栗を重なるように鍋に入れると煮崩れするらしいので、浅くて大きなフライパンに並べました。

入りきらなかった分は小鍋で炊いたよ↓

コトコト20分ほど炊いて味見をしたんだけどさ…

ほんのりと渋い…。

渋み抜き失敗だ~~どうしよう💦

調べてみたところ「重曹で炊くところからやり直すと良い」と書いてあったのでもう一度重曹で煮る所からやり直し…!

もう一度重曹を入れたら
メチャメチャ灰汁が出ました😂

栗が割れないように
ヘラに水を当ててお湯を入れ替え。
お水でまた10分ほど炊いて重曹を抜く!

60%のきび糖を入れて炊きました。

今度は渋みゼロ!美味しく炊けました!良かった~ε-(´∀`*)ホッ

この時点で朝6時過ぎ、まさかの徹夜作業になってしまったわ。アハハ

半日寝かせて栗にたっぷり煮汁を含ませたものを食べました。

艶々で甘くって、栗がほっくりネットリでウマ~~っ(*´Д`)♡

下茹で途中で味見した時は「渋皮ってホントに食べられるようになるの?」ってくらい異物感が凄かったけど、しっとり柔らかく炊けている~!

沢山出来たんで、渋皮煮を使ってお菓子も作るぞ。

栗の渋皮煮作りで気をつけること!メモ(クリックで詳細表示)

・あく抜き作業→重曹煮10分1回では渋みが抜けない場合があるので、2~3度重曹で煮ると良い。(渋みが抜けたらお湯で煮て、重曹を抜くのも忘れずに。)

・鍋の湯をかえる際は、鍋の湯を少しだけ捨てて、水道水をヘラなどを伝わせて水を入れ替える。(栗に勢いよく冷たい水が当たると割れる原因になる。)

・渋み抜き終了時、下茹で汁&栗の味見をして渋みが抜けているか必ずチェックする。

・栗を砂糖で煮る際、栗が重なると割れやすいので平たく並べられる鍋を使用する。(もしくは鍋を2つにして煮る)

・栗に亀裂が入ったら茶袋に入れると良い。(煮汁が濁りにくくなる)

・今回は加糖60%で作りました。50%でも良いらしい。(きび砂糖使用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月21日、十五夜の月です🎑↑

関西では夜のお天気が悪かったので、21日の早朝に撮影。

肉眼で見ると太陽なのか月なのか、朝なのか夕方なのかよく分からない不思議な光景でした。

今年のお月見団子は、地元の和菓子屋さんの月見団子の食べ比べをしました。

シナモン嫌いさんはお彼岸のおはぎに憧れがあるらしく、月見団子ではなく「おはぎを全種類ください。」と買って食べてました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆使った材料&道具

【レシピ】栗の渋皮煮
きび砂糖
重曹
琺瑯ミルクパン
kaico ホーロー片手鍋18cm
T-FAL ティファール フライパン

☆レシピはコチラにまとめてあります→【 レシピページ❁ 】

☆お取り寄せBlogも買いてます♪→【 ムリョク発電 】

☆愛用の道具&ラッピング資材。詳しくはClick♪
使っている道具たち
電化製品&調理器具 オーブン・銅板・シルパン シャープ スチームオーブンレン...
使っているラッピング資材
クリップシーラー テクノインパルス クリップシーラー Z-1 posted wi...
撮影の道具📷
カメラについて カメラ本体は、Canon EOS 60Dを使用しています♪↓ Can...

本日もランキングに参加しておりますヾ(*´ω`*)ノ

クリックで応援お願い致します♪↓↓

いつも応援ありがとうございます*✲*

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »